運転資金が欲しいときは売掛金を買取してくれるファクタリングを活用

Factoring

売却譲渡禁止でも3社間ファクタリングは問題無いことも!

パソコンを持っている男性

ファクタリングによって売掛金を売却譲渡する場合、取引先との取引契約書に譲渡禁止に関する条項が設けられているケースがあります。この条項により、ファクタリングは利用出来ないと考えてしまい、売掛先に連絡がなく売却できる2社間ファクタリングを選択ことはおすすめ出来ません。
そもそも、2社間ファクタリングの場合、手数料が高くなり、実際に受け取れる代金より少なくなってしまいます。また、2社間ファクタリング自体が勝手に譲渡する行為となり、取引契約の違反事項に該当し、発覚した際は取引停止といったリスクを生じます。
一方、3社間ファクタリングの場合、取引先からの同意を受けることとなり、取引契約書に譲渡禁止事項が設けられていたとしても、承諾を受けることとなり、取引上の違反には該当しません。
ファクタリングの説明では、問題のすり替えが生じているケースがあり、手数料の高い2社間ファクタリングに誘導している可能性があります。先ず、注意することは2社間ファクタリング自体が本来であれば、取引契約上の違反に該当するリスクを理解する必要があります。もし、3社間ファクタリングの希望を取引先に相談した際、支払サイトの見直しに至る可能性もあるため、2社間ファクタリングは最後の手段と考え、初めから利用しないと考えるのも重要です。

CONTENTS

男性

悪質ファクタリング会社から会社を守る!契約書にある条項を!

ファクタリング会社の中には、高額な手数料を取る悪質な会社、売掛金を買い取るのではなく担保として…

MORE ▶