運転資金が欲しいときは売掛金を買取してくれるファクタリングを活用

Factoring

悪質ファクタリング会社から会社を守る!契約書にある条項を!

男性

ファクタリング会社の中には、高額な手数料を取る悪質な会社、売掛金を買い取るのではなく担保として融資行為を行う会社、そして闇金が紛れ込んでいます。安心できる会社を判断するためには、ファクタリング会社自体の信用状況を確認することも重要ですが、大手企業なら可能なものの、中小企業には難しくなります。
このような場合、中小企業はどのように身を守るべきかということですが、契約書にある条項を設ける、もしくはあるか確認することが重要です。昨今、コンプライアンス遵守が企業では重視され、反社会的勢力の排除条項を契約書に定めるのが一般的です。
もし、契約書に反社会的勢力排除条項が無い、もしくは定めることで契約を嫌がるファクタリング会社は悪質な会社として判断する必要があります。
やましい行為や法令に違反する行為を行っていなければ、この条項が定められていても契約を断ることは基本的にはなく、断る理由もありません。しかし、理由も説明せずに条項を設けるだけで、契約を断る会社は反社会的勢力との関係性があるということになります。
ファクタリング会社が安心できる会社かどうかは調べることだけでなく、実際の契約時点でも確認可能なため、中小企業の経営者の方は反社会的勢力の排除条項を定めることをお勧めします。

CONTENTS

男性

悪質ファクタリング会社から会社を守る!契約書にある条項を!

ファクタリング会社の中には、高額な手数料を取る悪質な会社、売掛金を買い取るのではなく担保として…

MORE ▶