運転資金が欲しいときは売掛金を買取してくれるファクタリングを活用

Factoring

契約書から分かる安心できるファクタリング会社とは?

灰色のスーツの男性

ファクタリング会社には、銀行グループ系や専門企業系、そしてコンサルタント系など形態は様々です。しかし、貸金業者のように法的な規制がないため、悪徳もしくは闇金が参入しているなどという問題があります。しかし、これらの悪徳ファクタリング会社は契約書の取り交わし段階で判別することも可能です。
そもそも、ファクタリング会社と契約する場合、通常の取引同様に契約書を締結することになりますが、契約書には代表の氏名が記載されています。代表者氏名がデータバンクの登録情報や公式ホームページから確認出来ないファクタリング会社は避けるのがポイントです。
また、売掛金を売却した場合、2社間や3社間ファクタリングに関わらず、銀行口座への入金を行うことになります。この際、口座名義が個人名は会社間の取引においては、基本的には殆ど無いため、怪しい会社と判断することが可能です。つまり、契約書に会社名や代表者氏名が入金先の口座情報として記載されている場合は安心して契約が可能です。
銀行口座は、悪質な行為が行われた場合、凍結することが可能です。そして、凍結はいち銀行の口座だけでなく、その他の口座にも影響します。そのため、会社名や代表者氏名が口座名義となっている場合は、凍結される危険性が無いということであり、やましい取引は行っていないことになります。

CONTENTS

男性

悪質ファクタリング会社から会社を守る!契約書にある条項を!

ファクタリング会社の中には、高額な手数料を取る悪質な会社、売掛金を買い取るのではなく担保として…

MORE ▶